投信知識

アクティブ・ファンドとパッシブ・ファンド

投資信託は、運用方法の違いにより「アクティブ・ファンド」と「パッシブ・ファンド」に分かれます。アクティブ・ファンドとパッシブ・ファンドの違いは以下の通りです。

アクティブ・ファンド


運用会社やファンドマネジャーが独自の見通しや投資判断に基づいて、ベンチマーク以上の収益を目指すファンドのこと。

銘柄の入れ替えや情報収集などにコストがかかるため、インデックス・ファンド(パッシブ・ファンド)に比べて信託報酬が高めに設定されています。

出典:大和証券ホームページ

パッシブ・ファンド


日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など株価や債券の指数(インデックス)に、ファンドの基準価額が連動するような運用を目指すファンドのこと。

「インデックス・ファンド」とも呼ばれます。指数の構成比に合わせて構成銘柄を組み入れることから、銘柄選択のために大量の情報を収集する必要がなく、銘柄入れ替えの頻度も、ファンドマネジャーが積極的に運用するアクティブ・ファンドに比べて少なくなるので、ファンドの運用コストが安くなるといった特徴があります。このため、信託報酬なども低めに設定されています。

出典:大和証券ホームページ


つまり、アクティブ・ファンドは市場平均を上回ることを目指して運用するのに対し、パッシブ・ファンドは市場平均に近くなるように運用します。この2つのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。





アクティブ・ファンドのメリット・デメリット


アクティブ・ファンドのメリットは、実力のあるファンドマネージャーに運用されれば市場平均より大きなリターンを得ることができるということです。アクティブ・ファンドの中でも、成長株ファンド、割安株ファンドなどのテーマが設けられていることがよくあるので、どのような銘柄を保有したいかということを考えて資金を預けられます。


一方デメリットは、コストが高いことです。アクティブ・ファンドは投資対象である市場や個別銘柄の調査にかかる費用を名目として、信託報酬が高めに設定されています。また、ポートフォリオを積極的に組みなおすことによって売買回数が多くなり、取引手数料等のコストもかさみます。

パッシブ・ファンドのメリット・デメリット


パッシブ・ファンドのメリットはコストが安いことです。一度ポートフォリオを組んだら、あまり変化させる必要がないため、アクティブ・ファンドに比べて信託報酬等がかなり低くなっています。

一方デメリットは、得られるリターンがあまり大きくないという点でしょう。リスクが高くない分、得られるリターンも限られています。


資産運用に興味がある方は投資顧問会社で働いてみてはいかがでしょうか。
東京総合研究所という投資顧問会社 があるのでお時間あればチェックしてみてください。